女性のための恋愛・セックステクニック『現場の視点』

魅惑のキス(スパイス編) : 女性のための恋愛・セックステクニック『現場の視点』

このサイトは、サイト管理者の中山 志乃が10年以上の接客経験から学んだ男性の習性や男性が魅了されるツボなどを応用した女性のためのセックステクニック・恋愛に関する気づきなどを『性の現場で働く者』の視点でお伝えします。パートナーの男性との関係をより素敵なものにするために『現場の視点』がお役に立てば幸いです。【女性向け】



魅惑のキス(スパイス編):女性のための恋愛・セックステクニック『現場の視点』には、
セックス(SEX)に関する話題が記載されています。18歳未満の方は速やかにご退場ください。


魅惑のキス(スパイス編):女性のための恋愛・セックステクニック『現場の視点』には、セックス(SEX)に関する話題が記載されています。18歳未満の方は速やかにご退場ください。

魅惑のキス(スパイス編)

ここ一番、スパイス的に使えるキスのテクニックについてお話します。

あなたがキスをする時、あなたの『手』はどこにありますか?

  1. だら~んとしている。
  2. 彼の腰に手をあてている。
  3. 意識した事がない。

さて、あなたの答えはどれでしたか?

志乃は新人の時に、先輩からこの質問をされました。
そして、『意識した事がない』と答えました。

この質問、新人の女の子によくするのですが、やっぱり一番多い答えは、

『3番の意識した事がない』

です。

セックスをする前のキスって大きな出来事なのに、一度セックスをしてしまった相手とのキスはどうしても流れでしてしまいがちですよね。

しかも、キスで大切だと思うのは舌の動かし方だったり、吸い方だったり、口びるの荒れ具合だったりが気になって、手の位置に気を配る人は少ないと思います。

最初の質問の答え、実は正解はこの三択の中にはありません。
ひどい質問ですよね・・・志乃も先輩に抗議しましたもの。

キスをする際、正しい手の位置はいったいどこ?

じゃあ、キスする時に手を置く場所の正解はどこなのか?

答えは『相手の首』なんです。

なぜ、このタイトルに【スパイス編】なんて言葉が入っているのかも、手を相手の首に持っていく理由がわかれば納得できると思います。

キスの時になぜ手を首に持っていかなければいけないのか?
一体その手はどんな役割を果たすのか?

とろけるようなキス、頭がボーっとするようなキス、もう好きにして!って思ってしまうキス。舌の動かし方やリズムも大切ですが、てっとり早く相手をボーっとさせてしまう魅惑のキスがあるんです。

そう!それがキスの時に自分の手を相手の首に持っていく事。

正しくは【相手の頚動脈を軽くおさえて、脳を酸欠の状態にしてしまう】という事です。

脳が酸欠になると、判断能力が鈍り頭がボーっとしたりクラクラしたりするんですね。この話を聞いて、「本当かしら?」と疑いながらも、志乃は接客中に試してみたのですが・・・。

効果は・・・。
そこそこ、あります!!!

お客さんが、

「志乃のキスってすごく気持ちいいね」
「志乃とキスすると、なんかクラクラしてくるんだよね」
「他の女の子とキスしたがだけで、こんなに興奮した事ないよ」

ってみんな誉めてくれるんです。
(相手に不自然さを感じさせないように、手を首に持っていくには、少し練習が必要だなというのが正直な感想ですが・・・)

脳が酸欠になってクラクラしたりボーっとしたりしているという単純な理由なのに、男性は「こんなにも気持ちいいキスは初めてだ」 と驚き、「キスだけでこんなに気持ち良くなるのは、きっとこの子には何かがあるんだ」と思い「俺は恋をしているんじゃないか?」 ってなって、通いつめてくれたりするのです。

無料レポートに「男性はセックスが気持ちいいと好きになるんですよ」って書きましたが、キスでも同じ。

気持ちいい理由に納得できる答えを見つけようとすると、男性はそれを恋だと勘違いするんです。自分が納得する為に・・・。

【脳を酸欠にする】ってすごく単純な事で、今までのキスがより魅力的になります。
だから、キスの時の手は相手の首に!!軽く頚動脈を押さえましょう。

でも、注意しなければいけない事が何点かあります。

  1. 首は人間にとってすごく大切な部分です。警戒心の強い人は首に手をまわされる事を怖がったりします。そういう人にはこの方法は向きません。
  2. 頚動脈を軽く押さえる!というのが大切なのですが、強く抑えてしまう人がたまにいます。自分も相手も興奮して強く抑えすぎると、相手の男性がおちてしまいます(失神してしまうのです)注意して下さい。
  3. おちた人の意識を呼び戻す為に、相手の背中に膝を当てて「エイ!!」と背中を反らせると良いと思っている人がたまにいますが、 この方法は最悪首の骨が折れるそうなので、とても危険です。万が一、相手がおちてしまった場合は頬を叩いて意識を戻してあげましょう。意識がない時に首をガクガクさせるのも危険です。

しかもこの方法、催眠術にどうしてもかからない人をかける時にも使われるそうです。
脳を酸欠の状態にして、判断力が鈍った時に暗示をかける・・・。

そんな方法を風俗嬢が気軽に使っているかと思うと、少し恐ろしいのですが、それだけ効果がある方法だという事です。

スパイスを効かすには正攻法の方法がなくてはだめです。

でも、これはどこまでいっても【スパイス】でしかありません。
正攻法じゃないんですよね。

【スパイス】だけで全てがうまくいく訳ではないのです。

一味唐辛子だけで味付けした料理や、コショウだけで味付けした料理が美味しくないのと同じで、スパイスだけでは成り立たないのです。

男女の間を円滑に勧める裏技はたくさん存在します。
志乃のマニュアルでもスパイス的なものもお伝えしています。

でも、結局は正攻法を知っていて、スパイスとして裏技を取り入れるというのが一番効果があるんです。 一般の女性が取り入れられる正攻法があって始めて【スパイス】の効果が発揮されるのです。

↓↓↓ セックスのスパイスは強力な効果を発揮します ↓↓↓

このページの先頭に戻る