女性のための恋愛・セックステクニック『現場の視点』

無かったことにされないために : 女性のための恋愛・セックステクニック『現場の視点』

このサイトは、サイト管理者の中山 志乃が10年以上の接客経験から学んだ男性の習性や男性が魅了されるツボなどを応用した女性のためのセックステクニック・恋愛に関する気づきなどを『性の現場で働く者』の視点でお伝えします。パートナーの男性との関係をより素敵なものにするために『現場の視点』がお役に立てば幸いです。【女性向け】



無かったことにされないために:女性のための恋愛・セックステクニック『現場の視点』には、
セックス(SEX)に関する話題が記載されています。18歳未満の方は速やかにご退場ください。


無かったことにされないために:女性のための恋愛・セックステクニック『現場の視点』には、セックス(SEX)に関する話題が記載されています。18歳未満の方は速やかにご退場ください。

無かったことにされないために

身体の関係を持った後、相手の態度が変わってしまうことがよくある女性へ。

イベントやお酒の勢いで、そういう関係になるのは良くないんだろうな~と頭ではわかっていても。女性側に恋愛感情があって、相手もイイ感じだとついついそういう事になってしまう場合も少なくありません。

女性側に恋愛感情があると

「誘うって事は私を好きって事よね?」とか。
「そういう事になるって事は、私と付き合いたいって事よね?」とか。

客観的事実以上に自分に都合良く考えてしまいますし。
そういう気持ちをとめるのってすごく難しいものです。

都合よく考えてしまうと理想的な展開になることは・・・。

でも大抵の場合は、女性側が思っているような展開になる事は少なくて、傷ついて終わる事の方が多いのも事実。

しかも、それを誰かに相談すると。「すぐにヤラせるあんたが悪い」とか言われて、いや言われなくても雰囲気でより凹まされる事も多いものです。

実際のところ、客観的事実を積み重ねないで自分に都合よく解釈した女性に落ち度はあるのですが。

すごくすごく好きでその人以外考えられない!と思うくらいに気持ちが盛り上がっていたら、状況が見えなくなるのも無理はないと思います。

勢いで関係を持った時。

その後に続くか?
なかった事にされるか?

どちらになるのかって、皆さんは何で決まると思いますか?

その後に続くか? それとも無かった事にされるのか?

まず一つ目は、相手の気持ちがその時あったかどうか?これが大きいです。

女性側が望む一番の流れはこれですよね。
でも、大抵の場合は気持ちがあって、でも勢いでという事は少いもので。

じゃあ次は何かというと。

とりあえず勢いで1回やったけど、また次も会いたいなと男性が思うかどうか。

ここじゃないでしょうか?

「こんなもんか」と印象に残らない場合は、なかった事にされて連絡すらなくなるとか。 次はないなと思われれば「オレ酒のむと記憶なくなるんだよね~」とかって一方的にもみ消されたり。

こうなってしまうと、普段からこんなんじゃないの!あなただからなの!という女性の気持ちを伝えるチャンスすらなくなります。

1回の過ちだったと諦めきれるならそれも良しですが、想いが強いからこそ誘いにのってしまったという場合には。どれだけ細い糸であっても、なんとか繋がっていたいと思うものです。

細い糸を繋げるのは、結局その1回の良し悪しにかかっているのです。

その1回で、この子は他の子と何かが違うと思わせる事ができたら、本来の魅力を伝えるチャンスだって生まれます。

基本は、ちゃんと相手を見極める事、勢いだったと相手が言い訳できるような状況で体を預けない事が大事ですが。

もしも、もしも、気持ちを抑え切れなくて誘いにのってしまったら、覚悟を決めて次に繋げる体勢に切り替える事も大事かなと思います。

なかった事にされない為に、できる事はあるはずです

↓↓↓ なかったことではなく、何度も求められるには!! ↓↓↓

このページの先頭に戻る