女性のための恋愛・セックステクニック『現場の視点』

モテ期 : 女性のための恋愛・セックステクニック『現場の視点』

このサイトは、サイト管理者の中山 志乃が10年以上の接客経験から学んだ男性の習性や男性が魅了されるツボなどを応用した女性のためのセックステクニック・恋愛に関する気づきなどを『性の現場で働く者』の視点でお伝えします。パートナーの男性との関係をより素敵なものにするために『現場の視点』がお役に立てば幸いです。【女性向け】



モテ期:女性のための恋愛・セックステクニック『現場の視点』には、
セックス(SEX)に関する話題が記載されています。18歳未満の方は速やかにご退場ください。


モテ期:女性のための恋愛・セックステクニック『現場の視点』には、セックス(SEX)に関する話題が記載されています。18歳未満の方は速やかにご退場ください。

モテ期

女性に訪れる「モテ期」を自ら引き寄せる方法についてお話していきます。

『誰でも人生に2回はモテ期が訪れる』なんてよく言われます。

  • 「今、私モテ期真っ只中みたいでさ~」とか。
  • 「あの時が私のモテ期だったのに、今は全くダメよ~」とか。
  • 「私の人生にモテ期なんてなかったよ・・・これからなの?」とか。
  • 「私はモテ期を2回経験しちゃったから、次はこないな・・・」とか。

みんな、そんなに深い意味はなく話題にしているだけなのですが。案外、意識していたりもするもので。

『モテ期』の正体とは? そのことについてお話しましょう。

『モテ期』の特徴として。

自分の意思とは関係なく、原因がわからないまま訪れるのだという前提で話されている場合が多いのですが。

志乃は、そんな風には思えないんです。

というのも、モテ期について詳しく話しを聞いてみると大抵の場合。
第一次モテ期は、学生の頃にやってきている場合が多くて。
第二次モテ期は、就職した時もしくは転職した時に多いんですよね。

つまり、男女比が5対5くらいの集団に属している時と。
生活環境が劇的に変化して、新しい人と接する機会が増える時。

恋愛に関心を持つ時期に男女比が5対5の場所にいれば、その中でモテる子だってでてくるし。

新しい人間関係の中に飛び込めば、その中で恋愛感情が生まれる事だって何も珍しくない。

そう考えると、原因がわからないままモテてる訳ではなくて、出会いの数が増えるから、恋のチャンスも増えるという事だと、志乃は思うのです。

出会いの数が増えたって、モテ期がみんなに訪れるとは限りません。

でもでも、全ての女性が学生の頃と就職した頃にモテ期を経験する訳ではないのも事実ですよね。

出会いの数が増えた時に、その波に乗れる人と乗れない人がいる訳です。

その違いは何かと考えたら、次にくるのは男性へのアピール度です。

「お!この子なんかいいな~」と男性に思われるかどうか?

それは男性目線の見た目であり、男性目線の中身になるんですよね。

出会いの数が増える時に、見た目と中身が男性から見て合格点だった女性にだけモテ期は訪れる。

なので「モテ期なんてなかった・・・」という人は、その時に実力を発揮できていなかっただけ。

でも、その時期を逃している訳ですから、それまで通りに待っているだけで残りの2回のモテ期が訪れる保障はありません・・・よね。

「もう2回のモテ期は終わったから」と諦めてしまっている人は。

当時と同じような状況をつくって、男性へのアピール度を高める事ができれば第三第四のモテ期を自らの手で引き寄せる事も可能なわけです。

『モテ期』を引き寄せるには、出会いの数を増やすだけではなく、男性目線にも意識してみることです。

最近皆さんから頂くご相談を見ると。

出会いについては、努力されている方が多いように感じるのです。

できるだけ外に出ようとしている方も多いですし、人間関係を広げていこうと意識している方も多いです。

なので、出会い以外の部分にも目を向けてみる。

男性視点の見た目と、男性視点の中身についても意識してみる事が大事です。

運やタイミングを言い訳にしないで、モテ期を自分の手で引き寄せてみませんか↓

このページの先頭に戻る